STP(Straight Through Processing)口座について解説 - トレードバンク

ロゴ

           
FXコラム記事
コラム
2023.10.17
STP(Straight Through Processing)口座について解説

STP口座とは?

 

 

STP口座とは、外国為替(Forex)やCFD(Contract for Difference)取引など、金融市場で利用される一種の取引口座タイプです。

 

STP口座は、トレーダーと市場プロバイダー(リクイディティプロバイダー)との間に直接的な取引実行プロセスを提供する特徴的なタイプの口座です。

 

以下はSTP口座に関する詳細な説明です。

 

 

ストレートスループロセス(Straight Through Process)

 

STPは、トレーダーの注文がブローカーを介さずに直接市場プロバイダーに送信される取引プロセスを指します。この方式により、注文の処理が高速化され、透明性が向上します。

 

 

市場への透明性

 

STPブローカーは、市場のリアルタイムな価格や流動性を提供する市場プロバイダーと直接つながっています。これにより、トレーダーは市場の価格に対して透明性を持ち、競争力のあるスプレッドを享受できます。

 

 

ノンディーリングデスク(NDD)

 

 STP口座は、ノンディーリングデスク(NDD)方式で運営されることが一般的です。NDD方式は、ブローカーが取引に介入しないため、トレーダーと市場プロバイダーとの間で利益相反が発生しません

 

 

プレッド 

 

STPブローカーは市場から直接スプレッドを受け取ります。このため、スプレッドは市場の流動性に依存し、一般的に固定スプレッドではなく変動スプレッドです。市場の状況に応じてスプレッドが広がることがありますが、透明性が高いため、トレーダーはリアルタイムのスプレッド情報を確認できます。

 

 

エクゼキューション速度

 

 STP口座は、高速エクゼキューションが可能です。トレーダーの注文がブローカーを介さずに市場に直接送信されるため、取引が迅速に処理されます。

 

 

スリッページ(Slippage)

 

市場のボラティリティが高い場合、STP口座でもスリッページが発生することがあります。スリッページは、注文の執行価格が希望価格と異なる場合に起こります。

 

 

STP口座は、高い透明性とスピーディな取引実行を求めるトレーダーに適しています。一方で、スプレッドの変動やスリッページのリスクもあるため、トレードスタイルとリスク許容度に合った口座タイプを選ぶことが重要です

 

 

 

STP口座とECN口座の違いは?

 

 

以下に、STP口座とECN口座の主な違いを説明します。

 

 

STP口座

 

 

注文の処理 

STP口座では、トレーダーの注文がブローカーを介さずに市場プロバイダーに送信されます。ブローカーはトレーダーの注文を直接市場に流し、市場からの価格を提供します。

 

スプレッド

STPブローカーは、市場から直接スプレッドを受け取り、一般的に変動スプレッドを提供します。スプレッドの幅は市場の流動性に依存します。

 

エクゼキューション速度

STP口座は、高速エクゼキューションが可能です。トレーダーの注文はブローカーを介さずに市場に直接送信され、迅速に処理されます。

 

手数料

 

STPブローカーはスプレッドを主要な収益源とするため、一般的に手数料を徴収しません。代わりに、スプレッドの差額を利用して利益を得ます。

 

取引量

 

 STPブローカーは小口取引から大口取引までをサポートしますが、ECNブローカーよりも一般的に小口取引に向いています。

 

 

 

ECN口座

 

 

注文の処理

 

 ECN口座は、市場へのアクセスを提供する電子通信ネットワークを介してトレーダーの注文を処理します。トレーダーの注文はECNネットワークに公開され、他のトレーダーやリクイディティプロバイダーとマッチングされます。

 

スプレッド

 

 ECNブローカーは、市場の実際の価格を提供し、変動するスプレッドを反映します。スプレッドは通常非常に狭く、市場の流動性に応じて変化します。

 

エクゼキューション速度

 

 ECN口座も高速エクゼキューションを提供します。市場への直接アクセスにより、注文が迅速に執行されます。

 

手数料

 

ECNブローカーは一般的に手数料を徴収します。手数料は通常、取引量に応じて課金されます。スプレッドの差額は非常に狭いため、手数料が利益の主要な源となります。

 

取引量

 

 ECN口座は、小口取引から大口取引までをサポートし、特に大口取引者やプロのトレーダーに適しています。

 

 

STP口座とECN口座の主な違いは、市場へのアクセス方法、スプレッド、手数料、および取引量にあります。選択する口座タイプは、トレーダーの取引スタイル、リスク許容度、およびニーズに応じて異なります