FXトレードにおける重要な情報:経済指標を決定する金融政策委員会 - トレードバンク

ロゴ

           
FXコラム記事
コラム
2023.10.11
FXトレードにおける重要な情報:経済指標を決定する金融政策委員会

金融政策委員会とは?

 

 

金融政策委員会のメンバーは、国によって異なる方法で選ばれますが、一般的には中央銀行の法律や規定に基づいて、政府高官、中央銀行の指導者、および外部の専門家から選ばれます以下に、アメリカ合衆国の連邦準備制度(Fed)の例を挙げて説明します。

 

 

アメリカ合衆国:連邦準備制度(Fed)

 

 

連邦公開市場委員会(FOMC) 

 

FOMCは、米国の金融政策を決定する主要な機関です。

 

メンバーは、連邦準備制度理事会の7人の理事(議長及び副議長)と、12の連邦準備銀行総裁のうち5名です。

 

理事は大統領によって選ばれ、上院の承認を受けて任命されます。 任期は14年で、議長と副議長の任期は4年です。

 

連邦準備銀行総裁は、各地区の連邦銀行準備の委員会によって選出されます。

 

 

このように、金融政策委員会のメンバーの選出方法は、中央銀行の構造や国の法律、政治体系によって異なるため、特定の国の中央銀行についてお尋ねいただければ、より具体的な情報を提供できます。

 

日本;中央銀行

 

 

 

政策委員会


日本中央銀行である日本の場合、金融政策を決定する主要な組織は「政策委員会」です。政策委員会の構成メンバーは、以下のように選ばれます。

 


総裁と副総裁

 


知事および副知事(2名)は、内閣の推薦に基づいて、国会の同意を得て天皇が任命します。

 


任期は5年で、再任が可能です。

 


審議委員

 


審議委員(6名)も、内閣の推薦に基づいて、国会の同意を得て天皇が任命します。

 


任期は5年で、再任が可能です。

 


これらのメンバーが政策委員会に参加し、日本の金融政策の方針や具体的な政策政策について銀行し、決定します。

 


再開催され、金融政策の方向性や利率、資産買入れプログラム等が検討されます。

 

 

 

タカ派とハト派

 

 

「タカ派」と「ハト派」は、主に中央銀行の金融政策の立場に対する異なる立場や見解を示す言葉です。

 

 

タカ派(タカ派)

 

タカ派は、インフレ抑制を重視し、物価の安定のために立ち上がることを支持する立場を取ります。タカ派的な政策は、経済が警戒し、インフレ率が上昇リスクがある場合には、中央銀行が採用することが一般的です。タカ派的な発言や政策が示されると、通常、その通貨の価値は上昇することが期待されます。

 

 

特徴

 

インフレリスクを強く懸念し、物価の安定を優先します。

 

インフレ抑制のためには、今後の事が適切だと考えます。

 

経済が前向きであるとき、特に採用される姿勢です。

 

 

影響

 

覚悟が上昇すると、資金調達コストが増加し、企業の投資や個人消費が抑制されます。

 

高通貨通貨に投資資金が流入し、通貨の価値が上昇する可能性があります。

 

株価や債券価格にマイナスの影響が考えられます。

 

 

ハト派(ハト派)

 

ハト派は、経済成長や雇用の拡大を重視し、低金利政策を支持する立場を取ります。ある時、中央銀行が採用することが一般的です。ハト派的な発言や政策が示されると、通常、その通貨の価値は下落することが期待されます。

 

 

特徴

 

経済成長と雇用の増加を重視し、景気刺激策を優先します。

 

インフレリスクが低いと判断される際や、経済が停滞している場合には、低思考政策を支持します。

 

 

影響

 

心構えが低下すると、資金調達コストが減少し、企業の投資や個人の消費が促進されます。

 

低通貨通貨からの資金流出が途中で、通貨の価値が下落する可能性があります。

 

株価や債券価格にポジティブな影響が考えられます。

 

 

 

中央銀行の政策発表や利上げ・利下げの判断は、これらの「タカ派」と「ハト派」の観点から解釈され、市場の反応や投資判断に影響を与えます。調査や金融政策立案者の発言を注視し、その言葉のニュアンスから将来の政策の動向を予測します。

 

 

 

タカ派とハト派の割合は?

 

「タカ派」と「ハト派」の割合は、特定の中央銀行の政策立案者や、経済に関心のある専門家・アナリストの間で時間とともに変化します。経済成長の偏見、労働市場の動向など、様々なマクロ経済指標に影響されます。

 

中央銀行の理事会や金融政策委員会のメンバーの中で、タカ派とハト派のバランスは、各メンバーの経済観点や政策に対する考え方によって異なります。

 

例えば、一部のメンバーはインフレリスクを重視してタカ派的な立場かもしれないが、他のメンバーは雇用の増加や経済成長を重視してハト派的な立場があるかもしれない。

 

中央銀行中央の予想や懸念、各メンバーの発言、市場参加者はタカ派とハト派の割合バランスや、そして銀行の将来的な政策動向について予測しようとします。

 

示すことは困難であり、それは主観的な解釈や市場のセンチメントに依存します。

 

 

 

よく耳にする金融緩和とは?

 

 

中央金融緩和とは、金融銀行が考える国債や資産買い入れなどの手段、子供経済にお金を供給し、金融市場を活性化させる政策のことです。企業や個人の借り入れコストを低くし、投資や消費を促進して経済成長を支援することです。

 

 

金融緩和政策の主な手段

 

 

 

政策立案の検討

 

中央銀行は、商業銀行に対する融資の意思決定(政策立案)を検討します。

 

これにより、商業銀行の資金調達コストが低下し、顧客への融資額も低下します。

 

低預金環境は、企業の設備や個人の住宅ローンなどの借り入れを促進します。

 

 

資産買い入れ

 

中央銀行は、適当や企業債、株式などの資産を市場から買います。

 

資産買い入れにより、市場に資金が供給され、資産が低下します。

 

これも、企業や個人の借入コストの低下と経済活動の活性化を目指します。

 

 

金融緩和政策の影響

 

資産の低下と資金供給の増加により、企業の設備投資や個人の消費が促進される可能性があります。

 

金融資産の価格が上昇し、資産効果のある児童消費が増加する可能性があります。

 

低収益環境では、投資家が高い収益の資産を求めて、リスク資産への投資が増加することがございます。

 

 

 

ただし、当面金融緩和政策は、資産バブルの形成や金融機関の性状低下などのリスクも伴います。また、政策の効果が限定的である場合、中央銀行はさらに非伝統的な政策手段(例:マイナス政策、量的・質的金融緩和)を採用することがあります

 

 

 

 

FIXI FX 新規口座開設はこちらから!